シュチの書くための道具(当時)
シュチの書くための道具(当時)

 

「シュチ」の絵や文章を書き始めた理由は、

とある流れで手に入れた

小さなホワイトボードと黒ペンがきっかけでした。

 

少しの間は、しまったままでしたが、

ある時期から思い付きで絵を描き始めました。

絵を描いては消し、そしてまた描く。

その繰り返しの中で“文章でも添えて

ネット上にアップしてみよう”と思うようになりました。

 

 

いろいろな理由で

誰にも見つからないようにこっそりと描く、

という作業である為、

完成品はデジカメで撮影した画像しか存在せず、

原物は毎回消してしまっているので存在しません。

 

また、不思議なもので、

描きたい絵があっても文章が思い浮かばず、

書きたい文章があっても絵が全く浮かばないことが多々あります。

 

でも、そのようなときは

「気持ちがぶれているのかな」とか

「今、わざわざ発信するものではないし、

タイミングではないんだろうな」

と振り返ることができるのです。

 

彼らを描き、文章を書き、アップして消す。アップせずに消す。

この作業のひとつひとつに無意味なものは何一つなく、

私はいつも彼らに感化されているのです。

 

最近は手帳、メモ用紙などなど

いろんなところに彼らは遊びに来てくれています。

アクセスカウンター
アメリカンイーグルエバーカラーワンデーhttp://www.e-creditcard.info/アクセスカウンター帽子の通販

※当HPに掲載されている全てのコンテンツ(文章、画像等)を著作権者の許可なく複製・転載・流用・転売・複写等することを固く禁じます。

© 2012-2015 Yut Matsumoto